働き方見直し

「病院の働き方改革シンポジウム」を開催します

日本のワーク・ライフ・バランス推進の第一人者である小室淑恵氏による基調講演をはじめ、令和元年度からの取組チームによる成果発表、学長・病院長・小室氏による総括等の内容で、シンポジウムを開催します。働き方改革関連法案が施行され、働く環境が変わりつつある今、多忙を極める医療現場における働き方改革について一緒に考えてみませんか。
皆様のご参加をお待ちしております。

【基調講演】
「医療界でも実践できる!働き方改革の方法~秘訣はチームマネジメントと心理的安全性~」
小室淑恵氏
(株式会社ワーク・ライフバンス代表取締役社長)

[日  時]令和2年8月22日(土)13:30~16:30
[実施方法]オンライン(zoom)
[対  象]一般市民(長崎大学教職員、学生を含む)、医療関係者等
[プログラム]【基調講演】小室淑恵氏(株式会社ワーク・ライフバランス代表取締役社長)
「医療界でも実践できる!働き方改革の方法~秘訣はチームマネジメントと心理的安全性」
【取組成果発表】高度救命救急センター、外傷センター、看護部国際医療センター2
【パネルディスカッション】学長、病院長、小室淑恵氏
[お申込み、
お問い合わせ]
ダイバーシティ推進センター (担当:濱野)
MAIL:omoyai_staff@ml.nagasaki-u.ac.jp
TEL:095-819-2179/2889(内3472) FAX:095-819-2159

申し込みフォーム

長崎大学ワークスタイルイノベーション(WSI)

研究者のライフイベントおよびワークライフバランスに配慮した研究環境の改善や、それに向けた学内の意識改革を促すプログラムです。
10名程度の業務ユニット(研究室、講座など)を1チームとしたものを複数選定し、チームごとに『課題把握~働き方の見直し〜見直し施策の実施〜振り返り』といった一連のPDCAサイクルの取り組みを、「朝メール・夜メール」などの業務分析ツールを活用したり、専門コンサルタントの支援を得たりしながら、約8ヶ月間で実施します。

※長崎大学ワークスタイルイノベーションが、働き方変革成功企業事例として(株)ワーク・ライフバランスのホームページに掲載されました。
チームリーダー編:https://www.work-life-b.com/information/nagasaki1_2016