働き方見直し

ハンドブック「働き方改革ABC」を作成しました

令和元年8月、「働き方改革」についての理解を深め、積極的に取り組んでいただけるよう「働き方改革ABC~働くあなたのために~」を発行しました。

ダイバーシティ推進センターでは、本学教職員を対象に個人および組織全体におけるワークライフバランスに配慮した労働環境の実現や、タイムマネジメント等の意識改革を図る「働き方見直しプログラム(長崎大学ワークスタイルイノベーション)」を平成27年度より部局横断的に実施して参りました。
長時間労働などの問題を解決するとともに、さまざまな事情をかかえた教職員が柔軟な働き方ができるように、ワーク・ライフ・バランスの取れた魅力ある職場を構築するために本紙をご活用いただければ幸いです。

なお、著作権の都合上、複写等はできないこととなっておりますので、ご了承ください。

「働き方改革ABC」はこちら。

長崎大学ワークスタイルイノベーション(WSI)

研究者のライフイベントおよびワークライフバランスに配慮した研究環境の改善や、それに向けた学内の意識改革を促すプログラムです。
10名程度の業務ユニット(研究室、講座など)を1チームとしたものを複数選定し、チームごとに『課題把握~働き方の見直し〜見直し施策の実施〜振り返り』といった一連のPDCAサイクルの取り組みを、「朝メール・夜メール」などの業務分析ツールを活用したり、専門コンサルタントの支援を得たりしながら、約8ヶ月間で実施します。

※長崎大学ワークスタイルイノベーションが、働き方変革成功企業事例として(株)ワーク・ライフバランスのホームページに掲載されました。
チームリーダー編:https://www.work-life-b.com/information/nagasaki1_2016